コーヒー選びの極意

家族のため、自分のため、短時間でも長時間でも、ロールコーヒーの楽しみ方は様々です。全ては好みと機材次第。詳細はガイドをご参照ください。

挽いたコーヒー豆

一般的に、焙煎したコーヒー豆を挽いて香りを失う原因となる酸素との接触を制限した状態で保存したものを「挽いたコーヒー」と呼びます。挽いたコーヒーを飲むのに適したカフェティエールは、主にフィルター式、イタリアン式、パーコレーター式の3種類です。では、どれを選べばいいのでしょうか?その答えは、挽いた豆の細かさによります。そして、熱湯がカフェティエールを通過する時間が選択の目安になります。時間が短ければ短いほど、水との接触やアロマの放出を最大限にするために、挽き方を細かくする必要があります。そうでない場合は、挽き方を粗くして、飽和した強い苦味のあるコーヒーにならないようにする必要があります。




フィルター式カフェティエール

フィルター式カフェティエールの場合、約92度のお湯がフィルター内のコーヒーをゆっくりと通過します。そのため、コーヒーの粒子が水に溶け込み、ろ過されたコーヒーがサーバーに流れ込むことで、香り高く、ほのかな苦味のあるコーヒーができあがります。このカフェティエールを使えば、大量のコーヒーを簡単かつスピーディーに作ることができます。




イタリア製のカフェティエール

イタリアのカフェティエール(パーコレーター)も同様に時間がかかります。下部のタンク部分に安全弁まで水を入れた後、挽いたコーヒー豆を入れたフィルターを挿入します。水が沸騰するとタンク内の圧力が高まり、蒸気がフィルターを通って挽いたコーヒー豆を通過し、最後に上部に到達してコーヒーが上部のサーバーに溜まったら完成です。このイタリア製のカフェティエールでは、コクと香りのあるコーヒーを楽しむことができます。




フレンチプレス

フレンチプレスは、短時間で準備できます。挽いたコーヒーをカフェティエールに入れ、沸騰したお湯を静かに注ぎます。淹れたいコーヒーの濃さに合わせて、30秒から2分程度、抽出する必要があります。抽出が終わったらプランジャーを押し下げて、カフェティエールのフィルターでコーヒー豆を鍋の底に押し出し、濾過されたコーヒーと分離します。このフレンチプレスは、素早く簡単に使用でき、コーヒー好きの方にも満足していただけます。




インスタントコーヒー

手軽にコーヒーを楽しめるインスタントコーヒーやソリュブルコーヒーは、お湯さえあればすぐに作れます。ティースプーン1~2杯のインスタントコーヒーをカップに入れ、お湯を注ぎ、かき混ぜてお召し上がりください。




コーヒー豆

コーヒー豆は、一般的に新鮮なうちに自動マシンで挽かれます。挽く際に加圧された水が流れ、クリーミーで深みのある濃厚なエスプレッソコーヒーが出来上がります。このプロセスにより、最高のコーヒーの滑らかさと豊かなアロマが生まれます。そのため、品質も優れています。また、コーヒー豆は別のミルで挽いて、カフェティエールで使用することもできます。